沖縄の米軍基地問題をかんがえる!

沖縄の米軍基地移転の問題。
なんだか、残念な方向にいきそうですね。
自民党政権が決めたとおりの、沖縄の負担が軽くはならない方向へ・・・。
その為、鳩山バッシングが物凄い。

確かに、鳩山首相の安易な発言や約束は、非難されてもしょうがないかな?って思うけど、でもね、考えてみて。沖縄の負担を軽減しようと、多少なりとも努力したこと自体は、もう少し評価されてもいいと思うのだけれど。結果が出せなけりゃ意味がない!というのはごもっともですが・・・。
だって、この問題、当初の自民党政権時代の案のまま進めていたら、少なくとも、鳩山さん、こんなことにならなかったのだから・・・。あえて、面倒な方向に自ら進んだんだもんね。

もちろん、沖縄の人々の期待を大きく裏切ってしまったというのは、なんとも弁解の余地はないだろうけど。

今回の問題が大きくなったことで、改めて沖縄の基地の負担が物凄く大きいということを再認識できたし、僕ら沖縄以外の地域の人間が、これまで沖縄の人々の苦しみを全く無視していたのだということを知ることとなった。
鹿児島の徳之島の反対運動は物凄いし、僕の住んでいる大分県でも訓練の移転候補地があって、当然反対運動は起きている。多分、僕の住んでいる地区が候補地になったりしたら、同じような反応をするだろう。
ただ、単に反対するだけでは、結局、苦しみを沖縄の人に押し付け続けることになるんだよね。
迷惑施設は嫌だけど、本当に基地が日本にとって必要なものなのならば、もっと真剣に沖縄の人々の苦しみを考えてあげないと、あまりにも、基地問題で苦しんでいる地域の人以外の日本人は無責任だと思った。

僕に出来ることは何だろう?
簡単に答えがでることならば、鳩山さんもそんなに苦労をしないだろうけれど、もう少し考えていようと思う。

***

久しぶりに「かんがえる!」カテゴリで記事を書いてみた。
う~ん、重いわ・・・。
でも、しばらく自分のことばかりで沈んでいたので、少し世の中について、考える余裕が出てきたのかな?なんて思ってます。

一部の人だけが苦しむのではなく、皆で痛みを分かち合う方法があればいいのにね。

昨年沖縄にはじめて行ったけど、とってもステキな所でした。
住んでいる人も、とっても良い人そうでした。
そんな人たちに僕らは何ができるんだろう。
[PR]
by chuing_web | 2010-05-07 22:34 | かんがえる! | Comments(0)