原発の問題をすこしだけかんがえる!

東日本大震災(色々な呼び名があるようですが、とりあえず、今日はこう呼びます)から、もう2週間ですか。
この震災に関して、思うこと色々ありますが、今日は、この震災によって、大きな事故を起こしてしまった、原発について、すこしだけ、かんがえる!

僕自身は、積極的に原発推進って訳でもなく、だからといって、反原発でもなく、うまく付き合っていければいいな~くらいに、これまで考えていました。
地震対策とか、しっかりされているとかいうし、日本の技術は大丈夫だろう!みたいな。

しかし、残念ながら、この震災で、大きな事故を起こしてしまいました。
悪い条件が、これでもか!というほど、重なってしまったようだけど、だからといって「想定外」では済まされない状況だもんね。
政府や東京電力の発表が、どれだけ信用できるものなのか、疑心暗鬼になってしまうのも、しょうがないかなとも思うけど、今のところ信じるしかないよね。幸か不幸か、ネット上では、いろんな情報が流れてくるから、楽観的な物、悲観的な物、それぞれ、なるほどな~って思いながら、見てます。
今回のことで、電気が使えなくなることが、どれほど大変なことなのか、どれだけ原発に頼っていたのかってことを見せつけられました。
今のところ大分県では、直接の影響はないけれど、九州電力が、現在休止中の原発の運転再開を延期すると発表したことから、それが長引くと、東京電力エリアと同様に、計画停電の可能性も否定出来ないのだとか。心配ですね。
ちなみに、九州は、東電よりもずっと、原発比率が高いように聞いているので、影響は大きそう。

ただ、だからといって、すぐに脱原発ってのも困難なことですよね。
自然エネルギー系は、現在の原発をカバーできるほどの存在ではないし、資源の少ない日本では、火力系も急拡大し辛い。CO2云々の問題もあるし。
また、電力使用量を減らすのも、容易ではないよね。我が家みたいなオール電化の家庭、今、本当に多いもんね。企業も、たくさん電力使うし。
「言うは易く行なうは難し」っていうけど、電気に関しては、言うのも難しいなぁ。簡単に解決策、思いつかないもの。

政府や電力会社に対して、批判するのは簡単なんだけど、解決策は簡単には浮かばない。
電気って、想像以上に生活の隅々で使われているから、使用を減らすってことだけども、大変だもんね。
今回の事故を機に、原発とどう付き合っていくのか考えなきゃいけなくなるのだろうね。
できるかぎり、原発から離れるのか、それとも、大きなリスクを負いながらも、付き合っていくのか。

僕自身は、ここまでの怖い思いをしても、昔の電気をあまり使わない生活に戻るなんてことはできないなぁって思ってる。人間、快適な生活になれてしまったら、そうそう戻れないよ。

いろいろ批判はあるだろうけれど、自然エネルギーの比率を高めながらも、基本は原発だと思う。
もちろん、安全対策は、今以上に高めなければいけないと思ってるけどね。

自分の県では使われない電力を作る発電所によって、大きな被害をうけてしまった、福島県の方が本当に不憫でなりません。
安心出来る状況にいつなるのかわからないけど、とりあえず、早く落ち着いてほしいです。

(ちなみに、大分県には原子力発電所ありません。だから、お前はそんな呑気なこと言えるんだろうって思う方いらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうではない。大分県の対岸、愛媛県には伊方原発がありまして、もし事故がおきれば、大分もそれなりに被災する可能性があります。それでも現状、僕は原発必要だと思ってます。)
[PR]
by chuing_web | 2011-03-25 21:44 | かんがえる! | Comments(0)