死刑についてかんがえる!

連続幼女誘拐殺人 宮崎勤死刑囚らの死刑を執行(asahi.com)

あの事件の宮崎死刑囚の死刑が執行されたそう。
最近の、理由の分かりにくい、理解しがたい事件のさきがけだったかも知れないこの事件。
結局、反省の言葉も、真相も謎のまま。
被害者の遺族の方の気持ちはどんなだろう?
そして、先日の秋葉原の事件の被害者の方、遺族の方は、今日このことをどう見ただろう?
秋葉原の事件、どんな理由をつけようとも、極刑がふさわしいと思われるし。





ただ、僕自身は死刑廃止を望んでいる人であったりします。
少数派でしょうけど。
そのかわり、終身刑の創設をすべきだと考えてますが。

なぜなら、既に死刑制度は犯罪の抑止力になっていないというのが理由の1つ。
最近では「死刑になりたい」と殺人を犯す輩がいるくらいですから。
アメリカでも、わざわざ死刑制度のある州で、殺人を犯す人が出てきているようです。
こんな犯人の場合、殺したいと言う願いを叶え、死刑になりたいという望みも叶ってしまっているわけです。絶対に許せない奴の願いを叶えてしまうなんて、納得いかないじゃないですか!

また、100%冤罪が無いと言い切れない状況で、取り返しの付かない刑を執行すべきではないというのも理由の1つ。
後から真犯人が出ましたとか、真相は違ったなんてことになったら誰が責任とります?
特に、裁判員制度がスタートしたら、あまりにも一般の人に重い責任を負わせることになりそうだし。

そして、例えば自分が被害者側になった場合。
どんな刑が執行されても、どちらにしても許せないわけで。
そんな奴の一生を一瞬で終わらせるなんて・・・。

正直、一生反省してほしい、そして一生悔やんで欲しい。一生辛い思いをして欲しい。

どんな理由があろうとも、死刑を処される人というのはそれなりの事をしている人です。
だからそれなりの罰を受けるべきだと思うけれど、それが死刑だと言う時代ではなくなってきているのだと僕は思います。

誰もが納得する結果を出すのは難しいのだろうけれど、鳩山法務大臣になって、やたらと死刑が執行されるようになった日本。
本当にこれでいいのか、もう少し考えてみませんか?
[PR]
by chuing_web | 2008-06-17 22:23 | かんがえる!