最悪の結果に

2月最初のニュースがこんなだなんて…。

後藤さんの件、最悪の結果になったようで、本当に残念で悲しい。
この事は、単に二人の方に対してだけでなく、日本という国、日本人に対して突きつけられたものな訳で、色々考えていけないと思う。

自己責任論を振りかざす人は、自分には関係ないと思っているのだろうけれどもしその人が日本人なのであれば、そうも言ってられないと思うけどな。
[PR]
by chuing_web | 2015-02-01 10:17 | かんがえる! | Comments(0)

う~ん

今夜は結構まとまった雨が降っています。
仕事中に降るのは、鬱陶しいのだけれど、夜の雨は、雨音が心地よい。

イスラム国の、日本人人質の問題。
考えれば考えるほど辛くなる。

危険を承知で渡航したのは事実だろうけれど、だからといって「自己責任」 で切り捨てるようなことは、僕には言えない。
けれど、ネット上では、想像以上に、辛辣な意見が多いようで、なんとも言えない気持ちになります。
今ある命が、残酷な方法で、失われるかも知れない状況を、笑いのネタのように扱う人もいるようで、信じられない。

最近「日本人は素晴らしい!!」なんてことを話題にする番組や記事が多い気がするけれど、実際には、物凄い勢いで、道徳心やモラルが崩壊してきているのかもしれない。

強いものに抗うことはせず、弱いものを徹底的に叩きのめす…。

こんなんじや絶対にダメだと思うのだけれど、僕に出来ることが何なのかわからない…。

こう言うことを書くと、綺麗事ばかり言ったって意味ないんだよと笑われるのかな。
[PR]
by chuing_web | 2015-01-21 22:42 | かんがえる! | Comments(0)

疲れる

相変わらず、おかしな世の中です。
コンビニで、商品に爪楊枝を刺したとか、逃亡したのを、ネットにアップしてた子が逮捕されたとか。
サザンの桑田さんの、ライブでの態度がけしからんとかで、謝罪に追い込んだりとか、謝罪したのがまたけしからんとか…。
何かもっと考えなきゃいけないこととか、しなきゃならないことってありませんか?
なんだか色々かわいそうな人が多すぎて疲れますね。
[PR]
by chuing_web | 2015-01-19 23:59 | かんがえる! | Comments(0)

ふと思う

最近思うこと。
自分に対しては甘いのに、他人や、考えの異なる人に対して、えらく厳しい人が増えたように思う。
もう、徹底的に叩きのめすという…。
それだけ、自分に自信が無いことの、裏返しなんだろうか?
何もかも相手に合わせる必要はないけれど、「そういう考えもありますね」って、聞いてあげる余裕すらないのかな?
世の中、白か黒か、0か1かで判断できるものばかりではないと思うけどな。
[PR]
by chuing_web | 2015-01-15 22:50 | かんがえる! | Comments(0)

東日本大震災(色々な呼び名があるようですが、とりあえず、今日はこう呼びます)から、もう2週間ですか。
この震災に関して、思うこと色々ありますが、今日は、この震災によって、大きな事故を起こしてしまった、原発について、すこしだけ、かんがえる!

僕自身は、積極的に原発推進って訳でもなく、だからといって、反原発でもなく、うまく付き合っていければいいな~くらいに、これまで考えていました。
地震対策とか、しっかりされているとかいうし、日本の技術は大丈夫だろう!みたいな。

しかし、残念ながら、この震災で、大きな事故を起こしてしまいました。
悪い条件が、これでもか!というほど、重なってしまったようだけど、だからといって「想定外」では済まされない状況だもんね。
政府や東京電力の発表が、どれだけ信用できるものなのか、疑心暗鬼になってしまうのも、しょうがないかなとも思うけど、今のところ信じるしかないよね。幸か不幸か、ネット上では、いろんな情報が流れてくるから、楽観的な物、悲観的な物、それぞれ、なるほどな~って思いながら、見てます。
今回のことで、電気が使えなくなることが、どれほど大変なことなのか、どれだけ原発に頼っていたのかってことを見せつけられました。
今のところ大分県では、直接の影響はないけれど、九州電力が、現在休止中の原発の運転再開を延期すると発表したことから、それが長引くと、東京電力エリアと同様に、計画停電の可能性も否定出来ないのだとか。心配ですね。
ちなみに、九州は、東電よりもずっと、原発比率が高いように聞いているので、影響は大きそう。

ただ、だからといって、すぐに脱原発ってのも困難なことですよね。
自然エネルギー系は、現在の原発をカバーできるほどの存在ではないし、資源の少ない日本では、火力系も急拡大し辛い。CO2云々の問題もあるし。
また、電力使用量を減らすのも、容易ではないよね。我が家みたいなオール電化の家庭、今、本当に多いもんね。企業も、たくさん電力使うし。
「言うは易く行なうは難し」っていうけど、電気に関しては、言うのも難しいなぁ。簡単に解決策、思いつかないもの。

政府や電力会社に対して、批判するのは簡単なんだけど、解決策は簡単には浮かばない。
電気って、想像以上に生活の隅々で使われているから、使用を減らすってことだけども、大変だもんね。
今回の事故を機に、原発とどう付き合っていくのか考えなきゃいけなくなるのだろうね。
できるかぎり、原発から離れるのか、それとも、大きなリスクを負いながらも、付き合っていくのか。

僕自身は、ここまでの怖い思いをしても、昔の電気をあまり使わない生活に戻るなんてことはできないなぁって思ってる。人間、快適な生活になれてしまったら、そうそう戻れないよ。

いろいろ批判はあるだろうけれど、自然エネルギーの比率を高めながらも、基本は原発だと思う。
もちろん、安全対策は、今以上に高めなければいけないと思ってるけどね。

自分の県では使われない電力を作る発電所によって、大きな被害をうけてしまった、福島県の方が本当に不憫でなりません。
安心出来る状況にいつなるのかわからないけど、とりあえず、早く落ち着いてほしいです。

(ちなみに、大分県には原子力発電所ありません。だから、お前はそんな呑気なこと言えるんだろうって思う方いらっしゃるかもしれませんが、必ずしもそうではない。大分県の対岸、愛媛県には伊方原発がありまして、もし事故がおきれば、大分もそれなりに被災する可能性があります。それでも現状、僕は原発必要だと思ってます。)
[PR]
by chuing_web | 2011-03-25 21:44 | かんがえる! | Comments(0)

沖縄の米軍基地移転の問題。
なんだか、残念な方向にいきそうですね。
自民党政権が決めたとおりの、沖縄の負担が軽くはならない方向へ・・・。
その為、鳩山バッシングが物凄い。

確かに、鳩山首相の安易な発言や約束は、非難されてもしょうがないかな?って思うけど、でもね、考えてみて。沖縄の負担を軽減しようと、多少なりとも努力したこと自体は、もう少し評価されてもいいと思うのだけれど。結果が出せなけりゃ意味がない!というのはごもっともですが・・・。
だって、この問題、当初の自民党政権時代の案のまま進めていたら、少なくとも、鳩山さん、こんなことにならなかったのだから・・・。あえて、面倒な方向に自ら進んだんだもんね。

もちろん、沖縄の人々の期待を大きく裏切ってしまったというのは、なんとも弁解の余地はないだろうけど。

今回の問題が大きくなったことで、改めて沖縄の基地の負担が物凄く大きいということを再認識できたし、僕ら沖縄以外の地域の人間が、これまで沖縄の人々の苦しみを全く無視していたのだということを知ることとなった。
鹿児島の徳之島の反対運動は物凄いし、僕の住んでいる大分県でも訓練の移転候補地があって、当然反対運動は起きている。多分、僕の住んでいる地区が候補地になったりしたら、同じような反応をするだろう。
ただ、単に反対するだけでは、結局、苦しみを沖縄の人に押し付け続けることになるんだよね。
迷惑施設は嫌だけど、本当に基地が日本にとって必要なものなのならば、もっと真剣に沖縄の人々の苦しみを考えてあげないと、あまりにも、基地問題で苦しんでいる地域の人以外の日本人は無責任だと思った。

僕に出来ることは何だろう?
簡単に答えがでることならば、鳩山さんもそんなに苦労をしないだろうけれど、もう少し考えていようと思う。

***

久しぶりに「かんがえる!」カテゴリで記事を書いてみた。
う~ん、重いわ・・・。
でも、しばらく自分のことばかりで沈んでいたので、少し世の中について、考える余裕が出てきたのかな?なんて思ってます。

一部の人だけが苦しむのではなく、皆で痛みを分かち合う方法があればいいのにね。

昨年沖縄にはじめて行ったけど、とってもステキな所でした。
住んでいる人も、とっても良い人そうでした。
そんな人たちに僕らは何ができるんだろう。
[PR]
by chuing_web | 2010-05-07 22:34 | かんがえる! | Comments(0)

今日、ラジオで聴いた話。

荒川強啓 デイ・キャッチ メキキの聞き耳 28日放送分 リンク先で聴いてみてね。

たくさんの犬や猫たちが、人間の勝手で「処分」・・・つまりは「殺されている」わけですが、それを「しょうがない」で済ませることなく、減らすことに成功した熊本市の話が、放送の後半で語られています。
従来は保護した犬の8割が処分されていたのに対して、今は8割が助かっているそうな。
本当に動物のことが好きなのなら、こういうことちゃんと考えなきゃね。

で、それを考える映画もあるそう。
その監督さんと、富士丸くんの飼い主さんとの対談。

動物と人間~そのやさしさの距離(日経トレンディネット)

この映画、見ておくべきなような・・・でも、見ると辛くなりそうな・・・。

映画「犬と猫と人間と」オフィシャルサイト

考えてみようね!
[PR]
by chuing_web | 2009-10-28 20:49 | かんがえる! | Comments(0)

マンナンライフ「蒟蒻畑」製造中止に「反対」ネット署名1万人(ITmedia)

こんにゃくゼリー規制論にネットはなぜ反発するか(NIKKEI)

こんにゃくゼリーの規制について、なんだか違和感を感じていたけど、少なくともネット上では、僕と同じように思った人多かったみたいです。
国や、マスメディアの対応って、なんだか変だったもんね。
喉をつめる恐れのある食べ物ってたくさんあるのに、なぜか「こんにゃくゼリー」だけを悪者にしていたし。
そもそも、そういう恐れはあるよって警告は、以前からなされていたのに、メーカーだけをバッシングして、子供に食べさせた大人の問題は、全く扱われてなかったもんね。
確かに、人の命が失われたことは大きいけれど、このような対応をしていたら、いずれ食べられる食べ物なくなっちゃうよ。

国もマスメディアも、「強いものには優しく」、こんにゃく業者のような「弱いものには強く」対応するというのがとてもわかりやすく出ましたね。

野田消費者相に16万円 アムウェイがパーティー券購入

まあ、マルチ商法な人たちの味方が、消費者の味方であるはずはないでしょうけど。

このようなものに踊らされず、じっくり、冷静に対応していきましょう。
[PR]
by chuing_web | 2008-10-17 12:36 | かんがえる! | Comments(0)

米リーマン:経営破綻 史上最大、負債64兆円(毎日新聞)

あまりの数字の大きさに、イマイチ凄さが分かりにくい(笑)
そもそもどうやったらそんな負債が得られるんだろうね。

金融機関って、どこの国もそうだろうけれど、晴れの日の傘を貸して、雨の日に取り上げるような人たちだもんね。人が困っている時は冷酷なくせに、自分が困っている時には助けてもらえると思っている感覚が、不思議。
そういう点、あっさり破綻してくれたほうが、世の為人の為。

この破綻によって、色々悪影響はあるのだろうけれど、日本の金融機関を見てご覧よ。
公的資金で助けられたのに、それに関して国民に何か感謝したりした?
地域や、国に対して、何か貢献してる?
サービスが向上した?

少なくとも僕の目には見えない。

そんな人たちを助ける必要はないでしょう。
世の中には、もっと困っている人がいるんだし。

公的資金を投入するほうが、破綻させるより低コストなんだとか、結果的に国民の為になるんだとか、経済評論家みたいな人は言っていたけど、例えそうだとしても、気持ち的に許せないよね!

もし再び日本で金融危機がおきたとしたら、もう公的資金で助けるなんて愚かなことはやめましょう!
[PR]
by chuing_web | 2008-09-16 21:31 | かんがえる! | Comments(0)

「いい加減にしろ!韓国人」 週刊朝日にこういわれた「過熱反日」(J-CASTニュース)

あえて、わかりやすい表現をとった記事にリンクしてみました(笑)
一般的な大手メディアは、表現にいろいろ気を使っているので(爆)

ここ最近の韓国の動きはとても残念です。
僕は学生時代、韓国からの留学生の友達がいたし、とても勉強熱心で、真面目で、とても素敵な人だったと記憶しています。
韓国の方々も、1人1人では、もっと冷静で、賢明な方だと思うのですが、集団になるとこうもとんでもない展開になっていくのですね。残念だ。
あれだけ進んでいる国、先進国といっても差し支えないくらいのレベルであるはずの国なのに、政治家も、メディアも、国民も、あんなに、ひとつの方向に突っ走って、自分と異なる考えを全く認めないなんて、いや、認めなくてもいい、しかし、聞く耳を持つ必要はあるのじゃないか?その上で、意見すべきだと思うのだけれど、これじゃ、あの「将軍様」のいる国と変わらないじゃないか。

僕は、韓国という国に対して、親しみを持っていたので、本当に悲しい。

お互い言うことは言う、その上で相手の意見も聞く、それからどうしていくか考えなくちゃ。
自分の言うことが全て正しいのだから、相手の意見は聞かないなんて。どこの小学生ですか?日本は外交が下手な国だとは思うけれど、韓国もどうかと思う。

この展開を喜ぶのは、結局某将軍様と、オリンピックする国でしょ。

もっと自分たちにとって、どういうことが利益になるのか、ちゃんと考えて行動してくれ。
[PR]
by chuing_web | 2008-07-22 20:40 | かんがえる! | Comments(0)