大分パルコ明日閉店

d0002322_19373758.jpg


大分市の中心部、JR大分駅前の大分パルコは、明日、閉店することになります。
今日、ちらっと寄ってみたのだけど、お客さんは、最後の日曜日ということもあって、とっても多かったです。
ただ、売り場によっては、ほとんど何も無い所もあったりして、ああ、最後なんだなぁって実感する風景がありました。
1977年に九州初のパルコとしてオープンし、33年にわたって、ファッションだとかの新しい風を吹きこんできたお店なんだろうけれど、正直なところ、近年は、ほとんど足を運ぶことのなくなっていたお店でした。
いつもお客さんが多ければ閉店には追い込まれなかったでしょうから、多くの人にとっても残念ながら、必要性が薄れたお店になっていたんだろうね。
後継テナントは決まっていないということで、駅前一等地でありながら、空きビルとなってしまいます。

大分パルコ退店予定ビル、新商業施設の3月開業断念(読売新聞)

ますます中心部が寂れるのでは・・・心配になってしまいますが、実は大分市中心部暗い話題ばかりではない。

JR大分駅にもアミュプラザ、14年中開業方針(読売新聞)

現在大分駅で行われている、高架化が完成した後、新しい駅ビルの建設が決まった模様なんですね。
鹿児島のアミュプラザ鹿児島と同等の規模で調整しているということから、かなり大きなビルになりそうなんです。さらに、ホテルやシネコンの併設も検討しているということから、大分市中心部に人を呼び戻すきっかけになるかもしれないんですね。そうなれば、パルコ跡のビルも、何かしら利用法が見つかるかもしれないわけで・・・。パルコとしては終了だけれど、何も大分市中心部が終わったわけじゃないのです。

もちろん、この春、JR博多シティの開業等、福岡エリアのパワーがますます強くなる中で、大分のお客さんが吸い取られる要素はいっぱいあるんだけど、コンパクトで元気な街をめざして、がんばってもいらいたいものです。
僕自身は、福岡にちょくちょく遊びに行く人なんだけど、大分のことがやっぱり好きだしね!
これからの大分がもっと素敵になるように願いつつ、パルコさん、さようなら!みたいな気分。
[PR]
by chuing_web | 2011-01-30 20:02 | さとくん日記 | Comments(0)